最近は日本企業でベトナム人の人材が採用されるようになっています

ベトナム

人材にベトナム人が選ばれる理由

最近は多くの日本の企業でベトナム人の人材が採用されるようになっています。それはどうしてかというと、今はアジアの国の中でも特にベトナムに勢いがあって若者も活気があってしかも若者の数も多いからです。
また、ベトナム人は日本人と同じくらい勤勉なので企業としてもしっかり働いてくれる人材が欲しいのでベトナム人が採用される事が多くなっているのです。
でも、中には少し前までは中国人の人材が多くの企業で採用されていたのに何で今になって中国人からベトナム人にシフトしているのかと思っている人も多いと思います。
そういう人にその理由を言うなら一言で言えば中国人の人材を採用するメリットがほぼなくなったというのがあります。特に最近は中国本土でもかなり人件費の高騰があって昔みたいに安い賃金で働いてもらうのもかなり厳しい状況になっています。
ですから、もっと安い賃金で働いてくれる他のアジアの国の人材を活用しようという流れになっているわけです。またベトナムという国は近年かなり経済的な発展をしている事もあって若者の経済活動への意欲も大きいという事もあって真面目に働いてもらって成果を出してくれるという期待感もあって多くの企業がベトナム人を採用するようになっているわけです。

ベトナム人人材派遣に向いている企業とは?

近年注目を集めているのがベトナム人の人材派遣です。日本でも多くの企業でベトナム人の人材派遣を利用しています。確かに今では中国人よりベトナム人の人材派遣のほうが増えています。では、ベトナム人の人材派遣に向いている企業とはどんな企業でしょうか。今日はいくつかの点を記します。
まず最初に向いているのは人件費を抑えたいという企業です。きっと今では多くの企業で人件費を何とか抑えて支出を少なくしたいと考えています。そんな企業にとって魅力的なのがベトナム人の人材派遣です。
次に向いているのは手先の器用さが求められる企業です。例えば、建設業や製造業などがこれに当てはまるでしょう。こうした企業では日本人のような器用さが求められますが、実はベトナム人は手先が器用な人が多くこうした仕事に向いていると言えます。
最後に向いているといえるのが、忍耐力が必要な企業です。例えば、建設業などのように体力を使う仕事にもベトナム人は向いています。なぜでしょうか。それはベトナム人の多くは勤勉だからです。そして離職率も低くこうした体力を使うような辛い仕事でも簡単に辞めることはしません。
このようにベトナム人の人材派遣に向いている企業はたくさんあります。

なぜ人材としてベトナム人が採用されるのか?

ベトナム人は日本人と共通する国民性が多いといわれます。例えば勤勉さや真面目さ、おおらかさなどがあげられます。
親日的で日本への旅行者も増加しており、日本に留学しているベトナム人数は中国人に次ぐ世界2位です。高等教育機関では日本語教育も行われており、日本語能力試験も実施されています。初等教育にも日本語を第一言語として授業に取り入れる取り組みもなされています。政治的にも日本・ベトナム間の文化交流、経済交流は親密です。2014年にはベトナムの国家主席が来日し、安倍総理とともに両国の関係を「アジアにおける平和と繁栄のための広範な戦略的パートナーシップ」とする共同声明を発しています。また、ベトナムの経済成長率は6.68%と高く、世界でも上位に位置しています。
技術開発に意欲的で技能実習制度を設け、若者を海外に派遣し人材を育成し、習得した技術の母国への移転を図っています。
派遣する人材を訓練する教育センターなどもあり、日本語だけでなく、日本文化やマナーなどに関する教育も行われています。ベトナム人の特徴や、国内での教育の状況、日本とベトナムの国際関係などを鑑みてきましたが、ベトナム人が人材として適切であるといえるのではないでしょうか。