最近は日本企業でベトナム人の人材が採用されるようになっています

ベトナム

建設業におけるベトナム人人材採用の動き

今日本の建設業は需要があり、良い状態が続いていますが、問題となっているのが技術者不足そして労働者不足という点です。
若い人がなかなか建設業への関心を持つことが少なくなっていることや、少子化により単純に労働人口が減ってきていることが問題なのですが、そうした中で外国人を採用するという企業の動きが活発になってきています。その外国人の中で勤勉性の評価のあるベトナム人が特に注目されてきています。ベトナムは自国の成長も著しいですが、同時に海外へ出たいという若者たちも多く向上していきたいという意欲を持つ人たちが日本にやってきています。建設業は重労働ではあるのですが、それだけではなく、仕事そのものの技術が求められてきますので、決して簡単ではなく、その人材の育成や講習といったものが必要になってくるのですが、ベトナム人たちは日本語を覚える事に加えて、仕事への意欲が強いので、一生懸命に働くということで、仕事さえあればどんどんやってくれるという信頼の関係を得やすい人たちであるといえるでしょう。
そして大手や中堅企業はは海外事業も活発であり、その中には当然ベトナムも入っていますので、そうした面を考慮しても建設業においてベトナム人を採用する動きが大きくなっています。