最近は日本企業でベトナム人の人材が採用されるようになっています

ベトナム

今注目されているベトナム人派遣

日本企業の多くは、昔から海外の人材を積極的に雇用し続けていましたが、近年になってさらにそういった傾向が強まっています。日本政府も積極的に海外の労働力を国内に取り入れていこうとする傾向にあり、今後もますますこういった海外の労働人材を有効活用していく流れになっていくでしょう。そんななかで、特に日本企業の労働力として最近大きな期待が寄せられているのが、ベトナム人です。ベトナムは人種的にも日本と近く、そういった部分の親和性もベトナム人が労働人材として需要のある理由だと言えますが、それらの部分以外でも、やはりそのメンタル面での強さが理由の一つに挙げられます。ベトナム人は勤勉で向上心の高いことでも有名で、一度要領を掴めばめきめきと上達していくので、経営者にとってはこれ以上ない使い勝手の良い人材です。
こういったメンタル面の良さは、ベトナム本国の国民性に根付いた強さだと言えます。
ベトナム人は与えられた仕事をキッチリとこなすため、派遣として最適だと言われていますが、与えられた仕事以上の事はしないという側面もあるため、仕事量のバランスが重要になっていくのです。
また、その向上心を引き延ばすためにも、褒めて伸ばす戦略が有効だと言われています。